10月17日(水)法学部講演会「福島原発事故と被災住民の苦難」を開催いたしました。

管理者 更新日: 2012年10月18日

 10月17日(水)東洋経済新報社 企業情報部の岡田広行氏をお招きし、法学部1年生を対象に「福島原発事故と被災住民の苦難」というテーマで講演会を開催いたしました。

 岡田氏は、社会保障分野(医療・介護・福祉など)の取材に従事されており、東日本大震災・福島原発事故発生後は、主に、宮城、福島両県の住民生活に関する取材を継続して行われています。

 今回の講演会のために、写真や地図、表やグラフを使った資料をたくさんご用意くださいました。
 また、法学部の学生への講演会ということもあり、被災者の生活再建のための法律についてもお話いただき、受講生は改めて被災地の現状と法の持つ重みを再認識しました。

 龍谷大学の法学部では、今後もこうした講演会を積極的に行っていきます!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.